pretty

食生活の改善

fruit

痛風は強い関節の痛み、発熱、発赤などです。痛風の痛みの原因は、尿酸の結晶です。発作が出ることによって、痛みは強くなっていくのが特徴です。痛風を予防したいバイアは、食生活の改善が必要になります。

» 詳しくはこちら

プリン体

fruit

日頃の食生活が原因で、痛風になることは少なくありません。プリン体が多く含まれている食品をよく食べる人は、痛風になる可能性が高いです。痛風の代表的な予防法として、お酒の量を減らす、ダイエットなどがあります。

» 詳しくはこちら

食事制限の注意点

fruit

痛風の予防法として、食生活の改善がありますが、ただ単に食事制限するだけでは意味がありません。尿酸値を上げないためにも、毎日バランスよく大豆、肉、魚を食べることが大切です。

» 詳しくはこちら

生活習慣が原因

痛風とは、名前の通り風が吹いただけでも痛いという、痛さが特徴的な病気です。西洋では、古くから知られている病気でしたが、日本は明治になって知られるようになった病気です。痛風が増加したのは、60年代です。食生活の欧米化によって、動物性タンパク質や脂質を摂取しすぎるようになったことが、痛風患者の増加に繋がりました。現在では、60万人程度の患者がいます。その内の9割が男性です。女性の場合は、閉経後になることがほとんどです。痛風の症状は、いきなり足の親指が痛くなり、赤く腫れて、動かすこともできなくなります。これは痛風発作というもので、治療をせずに放置していると、この状態は3日ぐらい続きます。しかし、その後徐々に痛みは強くなって、10日ほどすると症状は収まり回復します。しかし、治療をしないと、この症状が半年~1年ごとに繰り返しおき、発作の間隔も短くなります。

痛風になる原因は、生活習慣病と密接に関係しています。暴飲暴食や運動不足、不規則な生活を送っていると、痛風になる可能性があるのです。肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病と合併して起こす可能性が高く、動脈硬化も進展していきます。これを予防するためには、日頃の生活習慣に気をつける必要があります。日頃から適度な運動をして、暴飲暴食をせずにバランスよく食事していると、生活習慣病にもならずに済みますし、痛風の予防にも繋がります。規則的な生活習慣を送るのは、健康維持の基本的なことですが、これを守らないと重大な病気になってしまうのです。

予防法を知る

fruit

痛風にならないために知っておきたい知識が、予防法です。痛風の予防法は、一般的な健康法とほぼ変わりません。適度な運動や、バランス良い食事、ストレス解消などが痛風の予防になります。

» 詳しくはこちら